パソコンの前に座り、上がったり下がったりしているマーケットを見ていると、理由無くトレードをしたくなるという感情に追い立てられる場合も少なくありません。しかしながら、ぼんやりした勘で売買することは、決してしてはいけません。ご存知の通り、外国為替相場は24時間休みなくいずれかで為替相場は開かれているし、市場もどういう時でも変動している。だからといって、何回も注文を重ねていると、その分だけ損失が生じる危険性が増します。当たり前ですが、注文の数を増やすことによって、少しずつ勝利する確率か半々に近づくのは事実です。でもそれは「ぼんやりとしたインスピレーションでエントリー」とは別の問題です。トレード回数を増やすということは、自ずから「ここで勝負」と思いついた自信を持ったところでのエントリー回数を増やすという事を意味します。ただ、次々と取引を繰り返すのとはかなり違います。外国為替相場の駆け引きに勝利するためには意識的にメリハリをつけることが大事だ。「ここがチャンス」と思った相場の時には覚悟を決めてポジションを多くして覚悟を決めて儲けを追求します。「何となく難しい外国為替市場でどう上げ下げするのか読めないな」と思った時は潔く所有ポジションを諦めて放置します。これぐらいのメリハリをつける方が、最終的には取引は成功します。相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。本当に言葉どおりだと感じます。相場とは何も常にポジションを所有する事が大事ではなく、売買ポジションを保持せずじっとしていることも時には、相場です。では、どの場面で休む必要があるのでしょうか。最初に考えられるのが、先述の通り、これからの相場展開がはっきりと良く見えない時です。これから上がるのか下がるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自分の作ったシナリオとは反対の方向に為替相場が変動してしまい損する事になってしまいます。そんなケースではポジションを無くして、何もせずに見ているだけがいいだろう。ふたつめは、自分の健康状態が変なときです。健康状態と市場につながりがない感じる投資家もいると思いますが実際には思いのほか関係あります。体の調子が思わしくなければ、市場の判断しなければいけない局面で必要不可欠な決定ができない。気乗りがしない時は取引から目をそらす事も大事な事です。