「スプレッド」とは外為は外貨を取引して利益を上げる取引です。買ったり売ったりの値は常に上下しています。それが為替です。ラジオを聞いていると、ドル円やユーロ円のレートの話題が流れる状況があります。見かけるのが、「現在のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表しています。言い換えると、外為取引には買いと売りの2つの値段が存在するのです。売値のことをBID、買値のことをASKと表している取引会社も存在しています。普段は売値の方が安価に設定されるものです。私達が買うときには高く、売るときには安くなるのです。その差額をスプレッドといい、会社の利益のひとつとされています。スプレッドの広さは取引会社によって変化します。スプレッドの広さはあなたにとって支出となるので、狭い取引業者をセレクトしたほうが儲けられます。ただし、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの差は変化します。いつもはドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差とは言っても相場の上下動がとても大きいケースでは3銭、4銭になったりする場面があります。という訳で、スプレッドが小さいのと共に変化が少ない事が不可欠です。現在では動かないスプレッドの差を見せる業者も多数あったりします。現実に業者の売り買い画面上で本当の相場を調べなければ判別できないのでわずらわしいですが、とても重要なことです。大切な財産を預けてトレードするのですから、本当の注文の前に関心がある業者の取引するための口座開設を遠慮せずにして提示されているスプレッド幅を実感しましょう。同じ外貨でも、その時点の相場の状態によって、スプレッド幅は変化します。普通は、インターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッドが小さくあとの外貨ではスプレッドの幅が広がる事があります。